WASTE STYLE
01

Phase 7 / 2013 / 290x221mm / sand picture

01
02

Cherenkov light / 2013 / 290x221mm / sand picture

02
03

Safety legend TOODANGER / 2013 / 290x221mm / sand picture

03
04

Survey bot / 2013 / 290x221mm / sand picture

04
05

注水 Pour water / 2013 / 290x221mm / sand picture

05
06

ミュータント牛子 逝く mutant USHIKO died / 2013 / 290x221mm / sand picture

06
07

Electromagnetic mercenary DAMLOINE / 2013 / 265x340mm / Multiple exposure printing

07
08

WASTE STYLE no.2 / 2010 / 265x340mm / Multiple exposure printing

08
09

WASTE STYLE no.2 ver.extra / 2010 / 265x340mm / Multiple exposure printing

09
10

WASTE STYLE no.1 / 2009 / 200x200mm / Colour wood-engraving

10

同じ1979年に生まれ、同時代を生きてきた画家・岡野智史と共に新たな美術学派「WASTE STYLE -選ばれなかった未来-」を立ち上げた。自分史を世界史の自己相似性として捉え、自身の内に共通するイデアを見いだす。その中で選択されてこなかったモノたちから現代をクリティークする新たな表現を創出することを試みる。
現代を取り巻く環境は、過去行われた選択の集積によって成り立っている。ごく小さな選択から、全人類的大きな選択まで、重層的に織りなされた知恵と経験がこの世界を形成した一方で、廃棄され、忘れ去られた多くの技術や思想がある。
人類が手放したそれらのモノは、各時代の科学的興味の変異、経済活動、政治、国家、民族間の衝突など、社会情勢と密接に関わっている。しかし本質的にそのモノが有する未来への可能性の大小は、歴史的事実と切り離して捉えられるべきだ。むしろ閉塞した現代の状況を打破し、社会に新たなビジョンを提示する光明を、「選択されなかったモノ」から見いだせるに違いない。これが「WASTE STYLE」の基本理念である。
セル画アニメ、ブラウン管テレビ、手焼き写真。時代が進むに連れて廃れていったモノたち。自身の記憶の襞に引っかかる微細な感覚からスタートし、過去の選択の正当性や、有り得たかもしれない未来を再考する機会を提示したい。

Copyright © Yasuo NOUMRA. All rights reserved.