Logpose
01

Logpose #1 / 2012 / 100x100mm / acrylic and urethane on MDF panel

01
02

Logpose #2 / 2012 / 100x100mm / acrylic and urethane, hologram seal on MDF panel

02
03

Logpose #3 -Moire universe conjecture- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

03
04

Logpose #4 -Moire universe conjecture- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

04
05

Logpose #5 -Moire universe conjecture- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

05
06

Logpose #8 -Fibonacci scale- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

06
07

Logpose #9 -Gliese 581c- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

07
08

Logpose #10 -Fibonacci scale- / 2012 / 100x100mm / acrylic, urethane and silicone coating on MDF panel

08
09

Logpose #11 -Fibonacci mandala- / 2012 / 100x100mm / mixed media on MDF panel

09
10

Logpose #12 -Ulam spiral- / 2013 / 100x100mm / acrylic and silicone coating on MDF panel

10
11

Logpose #13 -Cosmic Seeds- / 2014 / 100x100mm / acrylic, silicone and hologram seal on MDF

11
12

Logpose #14 / 2014 / 100x100mm / acrylic, glitter and silicone on MDF

12
13

Logpose #16 -Pole- / 2014 / 100x100mm / acrylic, urethane and silicone on MDF

13

私は制作において実験的な試みをする際、初めに10x10cmの小作品で素材や技法の研究を行う。作品イメージは至る所から降ってくるが、この時点ではそれがどう結実するかは不明瞭だ。小作品を制作し思考を重ねることにより、作品自体が次の進むべき航路を指し示してくれる。
この方法はマンガ「ONE PIECE」の中で、航海士ナミがグランドラインの海を渡る際に使う「Log Pose」に着想を得た。これは島を旅するごとにlog(記録)を貯め、ある一定量が貯まると次の航路をpose(指し示す)してくれるアイテムだ。
「Logpose」は私の世界観や作品を示唆した後に、やがて鑑賞者がそのlogを読み解く航海図として機能する役割を持つだろう。そしていつの日か、誰かがそれらを一つの場所に集める「冒険の種」として、今から世界中に蒔こうと画策している。

Copyright © Yasuo NOUMRA. All rights reserved.