Theory of Everything
Invisible Halo #h / 2015 / 728 x 515mm / acrylic, silicone and glitter on panel

Invisible Halo #h / 2015 / 728 x 515mm / acrylic, silicone and glitter on panel

Invisible Halo #h
A mountain of Prime number

A mountain of Prime number / 2015 / 754 x 533mm / acrylic and silicone on panel

A mountain of Prime number
Forest of prime x Fibonacci cubes

Forest of prime x Fibonacci cubes / 2015 / 754 x 533mm / acrylic, silicone and glitter on panel

Forest of prime x Fibonacci cubes
Topological Landscape 02

Topological Landscape 02 / 2015 / 233 x 466mm / acrylic, silicone and glitter on panel

Topological Landscape 02
Topological Landscape

Topological Landscape / 2015 / 126 x 178mm / acrylic, silicone and glitter on panel

Topological Landscape
Kepler Model -octahedron-

Kepler Model -octahedron- / 2014 / 218x218mm / acrylic, silicone and glitter on MDF panel

Kepler Model -octahedron-
02

Fibonacci scale -14:14- / 2012 / 550x550mm / acrylic, urethane and silicone coating on MDF panel

02
03

Fibonacci scale -23:49- / 2012 / 550x550mm / acrylic, urethane and silicone coating on MDF panel

03
04

Planet Gliese / 2013 / 707x707mm / mixed media on MDF panel

04
15

Prime number spiral / 2013 / 890x890mm / acrylic and silicone on MDF panel

15
05

Ulam spiral -positive- / 2013 / 1300x1300mm / acrylic and silicone on MDF panel

05
06

Ptolemaic / 2012 / 970x970x50mm / acrylic and urethane on panel

06
07

Copernican / 2012 / 970x970x50mm / acrylic and urethane on panel

07
08

fibonacci mandala / 2012 / 900x900mm / acrylic and urethane on MDF panel

08
09

ecosphere #1 / 2012 / φ450(直径)mm / acrylic and urethane on plywood

09
10

ecosphere #3 / 2012 / φ450(直径)mm / acrylic and urethane on plywood

10
11

ecosphere #4 / 2012 / φ450(直径)mm / acrylic and urethane on plywood

11
12

Social Eclipse / 2012 / φ450(直径)mm / acrylic and urethane on MDF panel

12
13

Total Eclipse / 2012 / φ450(直径)mm / acrylic and urethane on MDF panel

13
16

Aura and Physical / 2012 / 500x500mm / acrylic and urethane on MDF panel

16

私は、黄金比率を作り出す「フィボナッチ数」や、数学の基礎である「素数」を、自身の絵画制作における大きな軸に規定している。

今日の理論物理学や現代数学の最先端理論では、この「素数」や「フィボナッチ数」は、我々の暮らすこの三次元空間よりも高次元の空間と密接に関係しているということが語られているが、自然から見いだされたこれらの原理は、古くより芸術分野において利用されてきたのは周知の事実である。西洋においてはダ・ヴィンチ、そして近代となりジャクソン・ポロックが、作品内に黄金比率や自己相似系のフラクタルな構造を取り込んだ。そして日本においては、江戸時代の北斎がひとつの到達点を示している。

私にとって絵画とは、その原初から自然の美しさの探求や、空間を平面に変換する次元操作、およびそれが生み出すイリュージョンから発展してきた「美」の歴史である。現代の理論物理学が志向する高次空間への眼差しを二次元の画面上に同期させ、新たな空間次元の体験を生み出す実験、またそのことで否応なく顕現される、新たな「美の視座」を見出すための壮大な設計図である。

Copyright © Yasuo NOUMRA. All rights reserved.